スカイウォーク (三島)

Pocket

 

「三島スカイウォーク」は、2015年12月14日にオープンした三島市の新名所で、全長400mという日本一長い歩行者専用つり橋です「富士山や駿河湾、伊豆の山々などが一望できる箱根西麓の絶景を、多くの人に知ってもらいたい」との想いで建築されたとか。

「まるで空を歩いているような感覚を味わえる」ことから「三島スカイウォーク」と名付けられたそうですが、まさにその通り。標高415m&360度ビューの橋を歩くと、本当に空を歩いているかのようです!吊り橋現象がヤバい!!

行った日が週末だったからか、駐車場は満車・・・・。人気のほどが伺えます。橋を渡る前に、周辺をぶらり、スカイガーデンは、奥のエスカレーター、階段を登っていきます。全面ガラス張りの建物が見えます。

スカイガーデンとというだけあって、花のアーチはバラの花が満開、枯れることはない・・・・?。ガラス張りの温室と、天井一面に咲き誇る花を楽しめる空間になっています。

ガラスに映り込む風景が・・・・建物は、景色と調和できるように外観にも配慮しているそうです。スカイガーデンには、たくさんのおしゃれな売店があります。

ただ橋渡るだけで・・・・1000円のチケットを行列に並んで購入しました。広場は オープンしてから1年も経ってないので綺麗です!広場の通路を橋のところまで少し歩きます。

最初に目に付くのがのがSKYWALKのオブジェ・・・・記念撮影ポイント?。この日は運がよく、天気にも恵まれて富士山が鮮やかに見えました。

展望は天気に左右されますから・・・・橋を渡り始めると、そんなに揺れませんが~、進んでいくと次第に揺れは大きくなるばかり・・・揺れる揺れる。思っていた以上に揺れます。

さしずめ歩く展望台と言う感じです絶景かな絶景かな・・・・。こっちが三島市街で。もちろん海まで見えます駿河湾!真下には、川の音も聞こえてきます。う~ん空中散歩 自然を満喫できます。

橋の長さは、400m、渡り切り北ゲートへ到着します。こちらが橋の反対側で支えている部分ですね。ここでも記念写真を撮ってくれる有料のサービスがありました。記念撮影スポットです。 こちらはまた別の背景です。台紙付きで1200円でした。

展望台からの眺めも絶景です。は、富士山、吊り橋。ここからがテーマパーク?Kicoro(キッコロ)の森。木製チップが敷いてあって足に優しくとっても歩きやすい。弾力があってふわふわしてます。キコロ?歩くところに何匹も、いろいろな表情が楽しめます!!

間伐材を利用して作られたとのことflower drop(フラワードロップ200円)花の種がつけられた木製チャーム、 願いを込めて橋の上から蒔けばきっと希望の花が咲く・・・・、 北エリア。

富士山の天然氷を使用したかき氷屋さんハワイ風の車の店舗・・・・。焼き栗のお店レトロな露天。スカイガーデンの中でも販売していたお箸やハンカチなども、おしゃれなお店が 沢山ありましたここは日本・・・・。

夜景は如何ですか?ナイトスカイウォーク 18時すぎに到着すると、駐車場はほぼ満車状態でした。チケットを購入しようと思ったら長蛇の列!こちらが、人気なんですか・・・・。腕用のサイリウム。これを付けていればその日のナイトスカイウォーク、 出たり入ったり自由なんだとか・・・・。

明かりがなく少し暗く感じました!人が多すぎて橋が揺れて揺れて・・・・、定員オーバー??なんとか400メートル渡り終えると人、人、人ーーーーー!!!

夜景も絶景でした。パノラマ撮影しても表現できそうにないです。

音止めの滝(静岡県)

Pocket

 

白糸の滝の他にも豪快に流れ落ちる滝は高さ25mから瀑音を響かせて落下する音止めの滝です。音止の滝は、見る位置によって音の大きさに違いがあります。

芝川本流の落差約25メートル、幅5メートルの名瀑。隣り合わせにある白糸の滝とは対象的に豪快で雄雄しい滝で、白糸の滝とともに日本の滝百選に選定されています。

白糸の滝から徒歩で5分ほどの場所にある。たおやかで美しい白糸の滝とは対照的に、雄々しい迫力のある滝だ。

音止めの滝の名前の由来は、源頼朝の富士の巻狩りの際、父の仇である工藤祐経を討とうと計画を話し合う曾我兄弟は、互いの声が滝の轟音にかき消されて聞こえないために嘆き、神に念じた。

すると二人の思いが通じたのか、話合いの間だけ、滝の音は止まったという。この伝説が、音止の滝の名前の由来です。

その後見事仇討ちを成功して本懐を遂げた曽我兄弟は、この滝の神様のご加護があったと考えたのでしょう。

付近には日本三大仇討ちの一つ「曽我物語」で知られる曽我兄弟が隠れたといわれる隠れ岩や、その曽我兄弟に討たれた工藤祐経の墓がある。

 

 

駒門風穴(三島市)

Pocket

 

約1万年前、富士山が大噴火をおこし、溢れ出た溶岩が現在の三島市まで流れたそうです。。その後、溶岩のガスが抜けて固まり、大きな空洞ができた。そのうちの一部分が、この駒門風穴と云う処です。

これは鍾乳洞ではなく、まったく別の成因による「溶岩洞窟」なのです。約1万年前の噴火による三島溶岩流によってできた大型の洞窟で、富士山の溶岩洞の中でも大きな空間を有するものです。また、溶岩洞としては珍しく、洞穴性の昆虫が生息していることでも知られています。

富士山の周辺には、富士山の噴火による溶岩流で生成された溶岩洞窟があちこちにありますが、その多くは青木ヶ原樹海周辺にあるのに対し、ここは御殿場市のほぼ街中にあります。こんなに遠くの距離まで溶岩流が到達していたことにも驚きます。

場所がけっこう普通の街中のようなところにあるので、最初向かった時にはこんな街中にと驚きました。単に人家が近くにあるというだけでなく、あたりは山や崖ではなくほとんど普通の平地なのです。

入り口は家の脇を入り、鳥居があるので普通に神社の境内のような感じで、雑木林の公園のようなところに入っていくと、いきなり洞口が姿を見せます。平地が斜めに陥没したような入り口の周辺には、けっこうな冷気が流れています。「洞窟」というより防空壕のような感じに空いた入り口を降りると地表からはさほど深くありませんが、穴は奥へと続いてます。

洞窟は大きく二つの穴に分かれているのですが、やはり鍾乳洞に比べると穴の形状が単純で、まさにトンネルという感じです。岩が真っ黒で表面がテカテカ輝く部分の多いのが不思議です。

洞穴の内部は以外と湿っぽく、天井からポタポタと水滴が落ちて地面にも水たまりができています。「雨漏り」をしているという感じです。

硬い岩ながら、表面はさざ波のような、変化に富んでいます。それにしても、ほぼ平地の地面の下に地下室のように伸びているこの洞穴は、民家の下にまで空間が伸びていそうです。

足元が悪く、何度も転びそうになりながら奥へと進んでいく。足元を照らす照明はちょっと頼りない気がしました。照明を明るくしていないのは、この風穴に住む動物のためなんだそうです。暫くすると少し開けたコウモリ広場という場所に出ました。

このコウモリ広場には昔コウモリがたくさんいたのだそうですが、照明を付けたので、コウモリ達は、風穴の奥に引っ越してしまったのだそうです。洞穴に住む生き物は、光に敏感ななようです、駒門風穴でしか会えない動物がたくさん生息してるそうです。

風穴は年間を通じて約13℃。夏は涼しく、冬は暖かいという年中楽しめるスポットのようです!足元ばかりに気を取られていると、頭をぶつけてしまう注意が必要です。

歩きにくい地面もボコボコした壁もすべて1万年前のまま。富士山大噴火の歴史を実感することができます。

ぽっこり出ているのは溶岩鍾乳石(ようがんしょうにゅうせき)だそうです。約1万年前、溶岩のガスが抜けて、溶岩が冷えた際に垂れていた状態で固まったものということです。デコボコを触ってみて溶岩を体感するのもいいです!

風穴では、シマシマ模様の部分がよく目に付きますが、富士山から複数回にわたって溶岩が流れてきて、その時に風穴が削られてできた溝だそうです。駒門風穴は富士山から直線距離で約13km離れています。ここまで流れてくる富士山の噴火のパワーには驚かされます。

風穴の奥には、賽銭箱あります。富士山の神様、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)を祀っているのだそうです。ここにお参りをして福を授かったと云う神話もあります。

「約1万年前の姿がそのまま残っている風穴。富士山の噴火の歴史を感じてみるのも面白いかもしれません。

 

静岡県の歩き方(サイトについて)

Pocket

 

静岡県は熱海、伊豆、下田など観光スポットが沢山あるって知ってますか?探訪しながら、紹介したいと思います。気候も温暖で、風光明媚なスポットが多くのんびりと・・・・。

静岡県(しずおかけん)は、太平洋に面する日本の県の一つ。県庁所在地は静岡市。中部地方及び東海地方に含まれます。旧令制国の伊豆国の殆ど、駿河国、遠江国の凡そ3国に相当する県です。

地域によって方言も異なり、文化面に於いても地域により差異が大きいです。シンボルとして富士山や伊豆半島、駿河湾、御前崎といったものが挙げられ、世界遺産も数多くあります。

県旗もそれらに基づいてデザインされています。東部には第四紀火山が多く、富士山や、箱根山、伊豆東部火山群が現在でも活動しており、すでに活動を終えた天城山や達磨火山等の数々の大型火山が伊豆半島の大地を造り上げました。

この伊豆半島は、本州の中で唯一フィリピン海プレート上にあり、プレート境界である駿河トラフの延長線上に世界遺産の富士山が形成されています。

寒気の影響を受けにくいために放射冷却によって朝晩は氷点下まで下がることがあっても、日中は10°Cを超えるます。特に伊豆地方の沿岸部では氷点下まで下がることはなく、雪が降ることもまずありません。南九州並みに温暖な気候です。

1960年から1962年に静岡県西部の浜北市根堅において人骨が発見されましたが、2002年9月になって旧石器時代の約1万4000年前に生息していた浜北人の人骨であると、科学的な証明がなされました。

浜北人骨は20歳代の女性で身長143センチと考えられています。天竜川左岸の磐田原台地西端一帯、沼津市の背後の愛鷹山南麓、箱根山西麓の3カ所に密集しています。縄文時代の遺跡総数は約2000カ所を超えています。

1958年(昭和33年)から1960年(昭和35年)、静岡県西部の三ヶ日町只木(現浜松市北区三ヶ日町只木)で、約7500〜9500年前に生息の三ヶ日人の住んでいた遺跡が発見されています。

約4000〜6000年前のものとされる全国的に見ても大規模な集落跡である千居遺跡が静岡県東部の富士宮市で確認されています。弥生時代には、静岡市駿河区登呂で、弥生時代の水田、住居跡などが発見されています(登呂遺跡)。

ヤマトタケルが蝦夷征伐に赴いた時、駿河国でだまし討ちに遭ったそうです。その時に草薙剣で草を薙ぎ払って難を逃れたというヤマトタケル伝承が記されており、その地を「草薙」と呼んでいます。また、賊を焼き払った野原を「焼津」と呼んでます。

幕末には1853年にアメリカ艦隊司令長官ペリーが日本との通商を求めて来航し、下田・函館両港が開港しました。下田にはアメリカ領事タウンゼント・ハリスが駐在し、日米修好通商条約が締結されるまで、玉泉寺はアメリカ総領事館として機能しました。