日本五大桜の狩宿の下馬桜(駒止の桜)

Pocket

 

狩宿の下馬ザクラは大きな一本の木。1193年に源頼朝が富士の巻狩りを行った際、井出家の門前の桜に馬をつないだことから、「狩宿の下馬ザクラ」と呼ばれるようになったと伝わっています。「駒止めの桜」と呼ばれることもあります。

種類はアカメノシロバナヤマザクラで、例年4月中旬に薄紅色の若葉と共に美しい白花を咲かせます。昭和27年に国の特別天然記念物に指定されました。

「日本五大桜」 大正11年(1922年)に国が指定した天然記念物のなかの5本の桜でいずれも樹齢800~2千年程度。狩宿の下馬桜は後に特別天然記念物に格上げされているとのこと。

「日本五大桜」とは

埼玉県北本市 石戸蒲ザクラ(いしとかばざくら)
福島県田村郡三春町 三春滝桜(みはるたきざくら)
山梨県北杜市 山高神代桜(やまたかじんだいざくら)
静岡県富士宮市 狩宿の下馬ザクラ(かりやどのげばざくら)
岐阜県本巣市 根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)

井出家高麗門と両側の長屋の案内。

下馬桜の傍には小川があり、菜の花と共に水があると爽やかです。樹高35m、幹回り8.5mの巨木であったそうですが、度重なる台風の被害により一時は樹勢が衰えてしまいました。

しかし、地元の懸命な取組みもあって、近年は若芽の成長によって樹勢を盛り返してきています。「狩宿の下馬桜」にゆかりのあるのは源頼朝公だけではありません。

江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜公もその一人。この桜について「あはれその 駒のみならず 見るひとの 心をつなぐ 山桜かな」と詠んだそうです。

下馬桜とあわせ、もう一つのお楽しみは菜の花畑です。地元では、周辺の田に菜の花を植栽し景観づくりに努めており、菜の花と狩宿の下馬桜の共演が楽しめます。

その景観に更なる趣を加えているのは、井出家の「高麗門」です。これは源頼朝公が富士の巻狩りの際、本陣とした井出家のものです。

井出家は鎌倉時代から続く名家で、当時の建物は江戸時代中期に火災により焼失しました。現存する井出館は江戸時代中期の上層農家の貴重な歴史的建造物で、「井出家高麗門及び長屋」として富士宮市の文化財に指定されています。

富士山のお膝元である富士宮市といえば、やはり富士山は外せないです。天候に恵まれれば、下馬桜・菜の花・富士山の共演が楽しめます。春限定の3つの美を堪能できます。

 

 

フクロウと触れ合える 富士花鳥園

Pocket

 

富士花鳥園は20年前に『富士国際花園』として開園しました。3年ほど前に鳥類も仲間入りしたことで、『富士花鳥園』に名称を変更したそうです。

全く動かない・・・・置物かと思ったら、ホンモノでした。そのフクロウの可愛さにすでにノックアウト間違いなしです。

 

エミューには、触り方があって、「後ろから触ると怖がるので必ず前から触る」
さらに手を出した時にブレスレットなど光り物を付けていると、好奇心旺盛なエミューはつつくことがあるので要注意だそうです。

外にはエミュー牧場があります。ガン見されます。、迫力あります。さらにエミューは時速40~50㎞で走るそうです。

園内に咲いている花は『ベゴニア』と『フクシア』があります。1年中、花を見ることができるように園内の温度の管理をしてあるにでしょう。

富士花鳥園には全部で39種類のフクロウがいますが、この種類の多さはなんと日本一なんだそうです。『フクロウ』と『ミミズク』の違いは、『ミミズク』には頭に飾り羽(耳のような羽)があるけど、『フクロウ』には飾り羽がないことだそうです。

ショーで大活躍していた『ベンガルワシミミズク』機嫌がよければ一緒に撮影させてもらえるかも・・・・。ベンガルワシミミズクはとっても気分屋なのだそうです。『ミミズク』や『フクロウ』は肉食なので、肉大好き、肉食女子と通じる部分が・・・・。

水族館でよくペンギンを見ますが、ガラス越しで見るのが定番ですが、富士花鳥園では間近でペンギンとふれあうことができるのが特徴です。

ペンギンに「餌やり体験」もすることができて、アジを食べさせることもできます。1回の食事で20匹のアジを平らげる。大食漢です。

触った感じは、毛並みはさらさらで、羽が退化したものといわれているフリッパーはとっても固いです。

『コガネメキシコインコ』のコメちゃんは、なんとお賽銭を入れると、自分で鈴を鳴らしておみくじを引いて持って来てくれます。よちよちと歩く姿はとても愛らしいです。

おみくじには、その日のラッキーカラーが書いてありますが、コメちゃんはおみくじ引きに飽きると勝手に家に帰ってしまいます。実に自己中・・・・。

胸筋ムキムキのマッチョなハヤブサとベテランスタッフ、バードショーでは、獲物を狙うハヤブサを見ることができます迫力満点です。

口ばしのオレンジ色がカワイイ、『クロオビヒナフクロウ』なんとこのフクロウは『富士花鳥園』でしか見れない貴重なフクロウだそうです。

 

フクロウマニアの方も珍しいと、絶賛したようです。

願い事をイメージしながら、ふく太郎をなでなでするとなんと願い事が叶うらしい。

特に金運にまつわる願い事が叶ったという人がいたそうです。金運アップに効果があるかも・・・・。信じるか信じないかはあなた次第です。

 

富士宮口 富士登山

Pocket

 

夏場はマイカー規制があるので、富士山の麓にある水ヶ塚公園(みずがづかこうえん)へと向かいます。ここからは富士宮口までシャトルバスがでています。

ここからは富士山スカイラインを通って五合目まで登っていきます。バスは30分かからず富士宮口五合目に・・・・。弾丸登山と呼ばれる0泊2日の登山お勧めできませんが・・・・。

五合目から六合目までは20分程度です。高低差も90mしかありません。六合目から新七合目までの道のりは富士宮口でもっとも長い60分程の道のりとなります。

ご来光山荘(新七合目)

新七合目から元祖七合目までのルートは50分程度を目安にゆっくり深呼吸しながら登りましょう。このあたりが半分ぐらいになります。

元祖七合目から八合目まで40分程度ですがゆっくり深呼吸しながら登りましょう。

八合目から九合目まで40分程度ですが、高山病に気をつけて十分休憩時間をとって登りましょう。

九合目から九合五勺まで30分程度です。頂上が下からでも見えますので頑張る元気が出てきますが・・・・。

九合五勺のラスト200mは30分程ですが、厳しい岩場です。富士山のもっとも高い地点は剣ヶ峰というところです。

60分ほど掛けてゆっくり深呼吸しながら登りましょう。砂山を登る感じで、疲れている体には結構キツイです。

下山は休憩なしで4時間位ですが、5合目まで休憩を取りながらゆっくり下りましょう。岩場が続くので関節が痛くなったり・・・・。

富士山では、高山病によって登頂を断念する登山者が多くなっています。登山初心者による弾丸登山と呼ばれる0泊2日の登山や、日帰り登山など、短時間で高度を上げたために高山病を発症したと考えられます。

最近は、ゆっくりとしたペースで登る2泊3日の登山も増えてきましたが、まだまだ日帰り登山が多くを占めています。

安全で快適な登山を楽しむために、途中で1泊するようなゆとりある登山行程を計画することが必要です。

前日の寝不足による夜間登山では、疲労やケガも増えますので、無理のない準備を・・・・。

登山ルートによって特徴が異なるため、自分にあったルートを選択することも必要です。

山頂を目指す場合は、できるだけ途中の山小屋で1泊しましょう。未明に出発することになるため、早めに山小屋へ到着し、できるだけ長い時間、休憩と仮眠をとりましょう。

ご来光は、登山道の途中でも見ることができます(富士宮ルートを除く)。富士山の魅力は山頂のご来光ばかりではありません。前日の夕刻に山小屋に到着してグッスリと休めば疲労も回復し、山頂付近の登山道の混雑も避けることができます。

下山時は疲労や膝の痛み等のために標準以上の時間がかかり、日暮れになることもあります。ゆとりある行程で計画しましょう。

山頂を一周するお鉢巡りは90分程度かかります。お鉢巡りをする場合は、下山の体力と時間のゆとりが必要です。

吉田ルートの八合目や御殿場ルートの七合目を過ぎると、下山道には山小屋がありません。2泊3日の行程を予定している場合は、下山時に利用できる山小屋を確認しておきましょう。

 

 

 

奇石博物館

Pocket

 

奇石博物館(きせきはくぶつかん)は静岡県富士宮市にある博物館である。テレビ石やコンニャク石、化石などをはじめ、世界中の石が展示されている。1971年開設。正式名称は、一般財団法人地球の石科学財団奇石博物館です。

「奇石」という言葉を耳にしたことのある方は、ほとんどいないと思います。聞き慣れない言葉で誤解されますが、「奇石」とは読んで字の通り“奇妙な石”のことで、 普通の石とはちょっと違った石のことを「奇石」と呼んでいます。

その石を切断した断面なのですが、 何か花びらの模様に似ていませんか? このように、普通の石とはちょっと違った石のことを「奇石」と呼んでいます。

「奇石」という言葉には謂われがあります。江戸時代、木内石亭(1724~1808)という博物学者がおり、 彼の著した日本で最初の石の専門書「雲根志」の中で盛んに使われた言葉でした。

「雲根志」には桜花が石になったようなもの(桜石)、振るとコトコトと音がする鈴のような石(鳴石・鈴石)、 天狗が残したかと思える爪のような石(天狗の爪石)、饅頭石や石燕などの面白い石や産出状況などを「奇石」として紹介しています。

さらに「食べ物にちなむ奇石」「動物にちなむ奇石」などのように石の分類までされています。

江戸時代の中期頃(1751年頃~)になると、石に興味を持った人たちが奇石会 (当初は物産会だったが後に分離独立)という交流会を開きました。

そこでは、不思議で奇妙に感じる石が持ち寄られて展覧され、交換などがされていたようです。 (名前はこの奇石会からとって奇石博物館となったそうです)

 

陣馬の滝

Pocket

 

五斗目木川にかかる素朴で美しいこの滝は、源頼朝は富士の巻狩りで近くに陣を張ったことから「陣馬の滝」と呼ばれています。

陣馬の滝は、上流からの水の流れと、溶岩のすき間から湧き出す水が滝をなしている。その様子に、白糸の滝と同じように、富士山麓の湧水の仕組みの一端を見る事が出来きます。

鎌倉時代の初め、建久四年(1193年)のこと富士山の麓で巻狩を催した源頼朝が、日が暮れて滝の近くに一夜の陣を敷いた。それから後その滝を陣馬の滝と呼ぶと伝えられている。

「太鼓石」とは頼朝が夜に「陣馬の滝」付近で陣を張った時に、滝の方から太鼓を打つような音が聞こえた。

「太鼓石」の正体は「溶岩樹形」と呼ばれ、樹木が溶岩に覆われて燃えた時に木が燃えて外側の溶岩が冷えて固まって輪のような溶岩ができたものです。

この「溶岩樹形」に「陣馬の滝」の水が当たって太鼓の様な音を出していたので「太鼓石」と呼ばれるようになったようです。

滝壺は深いというワケでもないので、子供たちはずぶ濡れ覚悟で修行僧のように滝に打たれて戯れていってます。冷たい水に打たれて我慢できるんだと思うくらいです。涼しさを感じることができます。

「陣馬の滝」は富士宮市の「保存湧水池」に指定されており、名水の地としても有名です。日量約4万8千立法メートル(年平均)の湧水が出ており、滝の手前には水汲み場もあります。

溶岩層から岩清水が湧き出していますが、その一角にパイプを通して水を汲めるようになっています。富士山麓の湧水ですので非常に綺麗なので、各地からポリタンクを持って水を汲みにくるようです。

富士宮市は自然環境保護の為、環境森林課により市内各所の樹木・樹林を「保存樹」「保存樹林」、湧水池を「保存湧水池」に指定しています。

富士宮市役所のHPには2011年9月の時点で「保存湧水池」が15箇所掲載されており、陣馬の滝東側に日量1万3千立方メートルの湧水池など市内猪之頭地区には7箇所の「保存湧水池」があります。

「陣馬の滝」では毎年8月下旬に地元有志による「陣馬の滝まつり」が行われます。地元猪之頭小学校の生徒による「陣馬の滝太鼓」の演奏、「富士のにじます」のつかみ取り大会や子供たちによる武者行列などのイベントが催されます。