豊富な温泉と里山の原風景の伊豆地域

豊富な温泉資源や首都圏からのアクセスの良さで、観光地としても人気のエリアです。海・山・川の豊かな自然と、里山の原風景が広がります。四季の移ろいを肌で感じる、豊かな自然環境の中で子育てをする。地域資源を活用して起業する。様々な可能性を秘めた豊かな生活があります。

自然環境に恵まれたリゾート都市「熱海」

熱海市は、夏は涼しく冬は暖かい、年間を通して春のような気候です。海、山、島があり、四季折々の花々が街を彩る、自然環境に恵まれたリゾート都市です。熱海湾でのダイビング、釣り、クルージング、ゴルフやテニス。熱海と聞くと「通う」イメージがない人も多いと思いますが、実は新幹線で品川まで39分、東京駅までは47分という近さなのです。

基本情報

面積61.78km²
人口約3万5千人(R3.12.31現在)
特産品だいだい、干物、海産物
アクセス●熱海駅から東海道新幹線で東京駅まで47分
●熱海駅からJR東海道線で三島駅まで13分、横浜駅まで72分
●JR伊東線

生活環境

教育環境公立保育園2、私立保育園3、公立認定こども園1、私立認定こども園1、私立小規模保育事業所1、幼稚園3、小学校7、中学校4、県立高校1。
熱海市ホームページでは、保育園や放課後児童クラブなどの情報を提供しております。また、それぞれの小中学校にもホームページがあります。
病院病院5、一般診療所30、歯科診療所24。
熱海市内の医療機関は、人口あたりの病院数が静岡県内でも上位を占めており充実しています。
救急医療についても、市内の医療機関が交代制で受け入れ態勢を整えてくれているので、移住してからの安心ポイントの一つです。
買い物市内中心部には大型商業施設があり、肉や野菜などの食材や日用品をお買い求めいただけます。また、各所には商店街も充実しています。さらに車を利用すれば函南・三島方面でのお買い物も容易です。
交通鉄路:東海道新幹線(熱海駅)、東海道本線(熱海駅)、伊東線(熱海駅、来宮駅、伊豆多賀駅、網代駅)
バス:東海バス、伊豆箱根バス
タクシー:6社
熱海は海岸線からすぐに山を抱える地形のため、坂が比較的多く、自家用車やタクシー、バスや電車といった公共交通機関の利用が主になります。電車、バスは路線にもよりますが、30分に1本程度は通っています。

田舎すぎないおだやかな雰囲気の伊豆の国市

伊豆半島の付け根に位置する伊豆の国市は、東京圏への出勤、伊豆・箱根方面への観光にもアクセス抜群です。市内には伊豆長岡温泉、韮山温泉、大仁温泉、畑毛温泉があり、疲れたからだと心を癒してくれます。都会ではない、田舎すぎないおだやかな雰囲気、のびやかな暮らしが実現できます。

基本情報

面積94.62km²
人口4万9千人(H30.10.1現在)
特産品イチゴ、ミカン、スイカ、ミニトマト、鮎、大根、お茶
アクセス●伊豆箱根鉄道駿豆線三島駅を経由し、東海道新幹線で東京駅まで約80分、名古屋駅まで約130分
●東名高速道路または新東名高速道路を経由し、東京まで約85分、名古屋まで約175分
●伊豆箱根鉄道駿豆線(市内に5駅あり)

生活環境

教育環境保育園7、幼稚園7、小学校6、中学校3、高等学校2
保育園・幼稚園や小中学校が活動状況を報告し合うなど、個性に寄り添った保・幼・小・中の一貫教育に取り組んでいます。また、放課後児童クラブや病児保育、ファミリサポートセンターなど働くパパ・ママの支援に力を入れています。
病院病院6(うち総合病院1、産科1,小児科1)、診療所25、歯科医院28
総合周産期母子医療センターにも指定される順天堂大学医学部附属静岡病院をはじめ、地域医療の拠点である伊豆保健医療センターなど充実した医療体制が整っています。
買い物スーパーやホームセンターが点在しており、日常生活に必要なものはすべて地元でそろいます。農産物の直売所もあり、新鮮な野菜が毎日楽しめます。
交通伊豆箱根鉄道駿豆線は市内に5駅、15分に1本走っており、通勤通学に便利です。伊豆長岡駅と伊豆長岡温泉の間はバス路線が充実しており、交通機関にも恵まれています。

伊豆半島の中心で四季を彩る山々に囲まれた伊豆市

観光産業を主体とした伊豆市は、農業、林業、旅館業、飲食業を営む方の他、近隣市町へ通勤する方も多く、伊豆箱根鉄道、伊豆縦貫道を利用すれば電車でも車でも三島駅まで約30分、東京までは約2時間の立地です。都会の喧騒から逃れ休日はゆったりとした時間を過ごしたい方には特におすすめの立地で、休日は農業のほかゴルフや温泉、まちおこしを楽しむ方等々バリエーションが豊富です。休日の終わりに西伊豆の夕日も最高です。

基本情報

面積363.97km²
人口3万3百人(R2.2.1現在)
特産品わさび、しいたけ、イズシカ、白びわ、黒米、コシヒカリ
アクセス○電車で
東京駅~修善寺駅 約2時間
名古屋駅~修善寺駅 約2.5時間
新大阪~修善寺駅 約3.5時間
○車で
東京~修善寺 約2時間
名古屋~修善寺 約3時間
静岡空港~修善寺 約2時間

生活環境

教育環境認定こども園6、保育園1、小学校6、中学校3、小中一貫校1、高等学校2(分校含む)、放課後児童クラブ6
【子育て支援策】
※子どもが二人以上の場合、第二子は保育料が半額に、第三子以降のお子さんは保育料が全額無料です。
※小中高生のバス利用者の通学補助あります。
病院総合病院6 診療所11、歯科医院12
また、隣まちに伊豆半島唯一の第三次救急医療施設として順天堂大学付属静岡病院もあり医療サービスも充実しています。
【子育て支援策】
中学生まで医療費が無料です。
買い物米と野菜は自給自足という世帯も珍しくないですが、日中買い物に出れない方はコープ共済を利用したり週末に家族で買い出しをしています。
スーパーマーケット9(マックスバリュー3、フードスーパーあおき1、業務スーパー1、スーパーカドイケ1、さかえや1、山本フードストアー1、すがた1、)の他、キミサワ、カインズホーム、クリエイト、コメリ、農の駅、コンビニエンスストアーや新鮮野菜を販売する露店も点在します。
交通●私鉄:伊豆箱根鉄道(三島から修善寺まで12駅、510円)
●バス:新東海バス、伊豆箱根バス(50路線)
●タクシー:伊豆箱根タクシー、寺山タクシー、天城タクシー

夏は涼しく冬あたたかな常春の気候の伊東市

夏は涼しく冬あたたかな常春の地域です。火山の影響を受けた土壌がもたらす珍しい植物や海洋生物が今日も命を躍動させています。この土地だからの特異な景勝が数多くあります。季節ごとに新しい顔を見せてくれます。歴史情緒あふれる松川の町並みは、風流そのもの。近くにはビーチや彫刻の点在する公園があり、人々の交流も活発で、一年を通して賑やかな声が聞こえてくる町です。

基本情報

面積124.10km²
人口7万人(H29.12.1現在)
特産品干物、みかん、お茶、お菓子
アクセス●JR熱海駅からJR伊東線で伊東駅まで22分
●東名高速道路厚木ICから小田原厚木道路で熱海経由約90分
●市内運行路線バスあり 伊豆東海バス

生活環境

教育環境保育園11、幼稚園14、小学校10、中学校5、高等学校3
就労世帯を応援するため、全保育所での休日保育の実施のほか、延長保育や病児保育、一時預かりなどを実施しています。
病院病院3、診療所57、歯科診療所45
伊豆半島の中核病院である伊東市民病院を核とし、医療だけでなく介護や福祉とも連携し合う包括的なケアに取り組んでいます。
買い物駅周辺や国道沿いを中心に、地域に密着したスーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンターなどが数多く立地しています。
交通市内を鉄道と国道が縦断し、バス路線も市内全域に張り巡らされています。
タクシー会社も充実していますが、自家用車があれば利便性が増します。
●JR:伊東線2駅
●私鉄:伊豆急行5駅

豊富な温泉と海・山の幸をいかした観光地の東伊豆 

伊豆半島の東海岸のほぼ中央に位置し、北西に天城連山を頂き、東南は相模灘に面した自然環境に恵まれた町。ゆたかな温泉と海・山の幸をいかした観光地で、大川・北川・熱川・片瀬・白田・稲取の6つの温泉郷がある。気候は温暖で、過ごしやすい環境の中、快適なライフスタイルを送ることができます。目の前に広がる太平洋と伊豆七島など景観にも恵まれ、心も癒される。

基本情報

面積77.81km²
人口11,926人(R2.6.30現在)
特産品金目鯛、ニューサマーオレンジ、みかんワイン、みかんサワー、天草、わさび、いちご
アクセス●電車の場合:熱海駅から伊豆急行線で伊豆稲取駅まで70分
(町内に5駅あり。伊豆大川駅、伊豆北川駅、伊豆熱川駅、片瀬白田駅、伊豆稲取駅)
●車の場合:沼津IC又は長泉沼津ICから伊豆縦貫道-伊豆中央道-修善寺道路経由で約100分

生活環境

教育環境稲取保育園(認可)、三宝保育園(認可外)
稲取幼稚園(預かり保育あり)、熱川幼稚園(預かり保育あり)
稲取小学校(学童保育あり)、熱川小学校(学童保育あり)
稲取中学校、熱川中学校
稲取高等学校
病院病院・医院(7)、歯科医院(5)、薬局薬店(6)

※病院・医院によって、町内を周回するマイクロを運行している。
買い物スーパーマーケット(5)、コンビニエンスストア(5)

※生鮮食品のスーパーが数店舗・各種商店も町内にあります。大型量販店は車で30分圏内の近隣市町にあります。
交通●私鉄:伊豆急行線(5駅)
●バス:南伊豆東海バス、東伊豆町自主運行バス

「日本の夕陽百選」駿河湾に沈む夕陽の町 西伊豆町

西伊豆町は、伊豆半島西海岸の中央部に位置します。海岸線一帯は、富士箱根伊豆国立公園及び名勝伊豆西南海岸の指定を受けている自然景観に恵まれたまちです。駿河湾に沈む夕陽は、「日本の夕陽百選」に選ばれてます。また、海、山、川の豊かな自然に恵まれているため、海の幸、山の幸も豊富です。

基本情報

面積105.54km²
人口8千人(H29.12.1現在)
特産品鰹節品(鰹節、削り節、塩辛、潮かつお等)、イカ、干物、天草、魚介類、ガラス工芸品、花卉(金魚草、すかし百合、カーネーション)、わさび
アクセス●東京駅から東海道新幹線(ひかり)で三島駅45分、三島駅から伊豆箱根鉄道で修善寺駅35分、修善寺駅から西伊豆東海バス75分
●名古屋駅から東海道新幹線(ひかり)で三島駅80分、三島駅から伊豆箱根鉄道で修善寺駅35分、修善寺駅から西伊豆東海バス75分  

生活環境

教育環境認定こども園2、小学校3、中学校2
町内全ての認定こども園にALT(外国語指導助手)が配置されており、国際教育が充実しています。
小学校では、国語力(読解力)向上にむけて、通信添削大手のZ会と連携し、国語基礎力検定、通信添削、テキスト、弱点克服プリントを活用した民間連携型の授業に取り組んでいます。
病院病院1(総合病院)、診療所3、歯科医院5
西伊豆町は、大きく4つの地区(仁科・田子・安良里・宇久須)に分かれますが、各地区に病院があるため安心です。また、2次救急まで対応した総合病院もあります。
買い物町内には、スーパーマーケット4店舗、コンビニエンスストア4店舗、大手ドラッグストアー2店舗など、日常生活での買い物には困りません。令和2年5月に産地直売所「はんばた市場」がオープンしました!
新鮮な魚、野菜などのお裾分けを地域の方々からもらうこともあるかもしれません。
交通バス:東海バス
タクシー:伊豆土肥交通、エイ・ケイ
※車での移動が便利です。

早春の河津桜や花菖蒲、自然豊かな町 河津町

河津町は、伊豆半島の南東に位置し、天城山系の豊かな森林を源とする清流「河津川」が相模湾にそそぐ海・山・川に囲まれた資源豊かなまちです。伊豆急行の駅付近や路線バス沿いではプチ田舎暮らし、幹線道路から少し離れるとどっぷり田舎に浸った生活ができます。

基本情報

面積100.69km²
人口7千人(H29.12.1現在)
特産品わさび、カーネーション、ニューサマーオレンジ
アクセス●特急「踊り子号」で東京駅まで約2時間30分
●東京ICから東名高速道路経由約3時間
●伊豆急行線(町内に2駅あり)

生活環境

教育環境保育園1、幼稚園1、小学校3、中学校1
病院病院2(総合病院1)、診療所6、歯科医院5
総合病院へのアクセスは、今井浜海岸駅に隣接しており、とても便利です。
買い物町内には、スーパーマーケット2店舗、コンビニエンスストア7店舗あり、小さい町にしては、充実しています。
交通●私鉄:伊豆急行 2駅
●バス:南伊豆東海バス

自然を存分に楽しむ海あり・山あり・川ありの松崎町

伊豆半島西海岸の南部に位置する松崎町は、四季を通じて過ごしやすく、海・山・川の自然に恵まれた町です。伊豆西海岸の中心として栄えた町は、なまこ壁の家並みが残り、情緒あふれる景観を形成しています。棚田や桜並木、歴史を感じるなまこ壁の建物など、「日本の原風景」が多く残る町であり、海沿いの漁村、山間、農村など好みに合わせた場所で暮らすことができます。

基本情報

面積85.24km²
人口6,292人(R3.1月末現在)
特産品桜葉、ワサビ、椎茸、天草、柑橘
アクセス【公共交通】
●東海道新幹線三島駅から伊豆箱根鉄道に乗換え、修善寺駅からバスで100分
●伊豆急下田駅からバスで50分
●清水港からカーフェリーで土肥港へ70分、土肥港からバスで約50分
●沼津港から高速船で土肥港へ50分、土肥港からバスで約50分
【車】
●東名高速道路沼津IC・新東名高速道路長泉沼津ICから国道136号経由で約100分

生活環境

教育環境幼稚園1、保育園1、小学校1、中学校1、高等学校1
病院石田病院(外科、内科、整形外科、胃腸科、産婦人科、小児科)
中江医院(内科、消化器科、小児科)
眼科1医院 歯科4医院
買い物スーパー 1店舗
コンビニ 3店舗
ドラックストア 1店舗
商店街
交通●バス:町内4路線(伊豆急下田駅方面、修善寺方面もあり)

沖縄やハワイにも負けない透き通る青々とした海の下田市

三方を海に囲まれているため、夏は海風が涼しく、冬は暖かです。抜群の透明度を誇る海は、白砂のビーチや岩場など変化に富んでおり、市の面積の70%以上が山林・原野で、緑が豊かです。海と山を満喫したあとには、効能豊かな温泉や絶品の海・山の幸が…二地域居住をしながら移住の準備を重ね、完全に移住をする選択もあり。

基本情報

面積104.38km²
人口20,898人(2021.1現在)
特産品金目鯛、干物、脂松細工、さんま寿司、アロエ加工品、天草
アクセス【電車の場合】
東京⇒(新幹線)⇒熱海⇒(JR伊東線・伊豆急行線)⇒伊豆急下田
東京⇒(特急スーパービュー踊り子号・踊り子号)⇒伊豆急下田
【お車の場合】
沼津IC(東名)⇒伊豆縦貫自動車道⇒国道414号線⇒下田
又は、長泉沼津IC(新東名)⇒伊豆縦貫道⇒国道414号線⇒下田

生活環境

教育環境市内には保育所3園、認定こども園2園で保育を行っており、都市部で問題となっている待機児童数は0人!ほぼ希望する保育園に入ることができます。
小学校7校、中学校4校があります。高等学校は、市内には県立高校(県立下田高校)が1校あります。
病院病院2機関、診療所・医院が19機関、歯科医院が12機関あります。
買い物市内には、スーパー6店舗、ホームセンター1店舗、ドラッグストア4店舗、家電量販店1店舗あります。全国展開しているコンビニエンスストアは14店舗あり、店舗の場所は幹線道路沿いに集中しています。自家用車をお持ちでしたら、ほとんど不便なくご利用になれます。
交通<バス>
南伊豆東海バス
下田駅―賀茂逆川線、下田駅―松崎・堂ヶ島線、下田駅―蓮台寺線、下田駅―大賀茂線、下田駅―下賀茂・石廊崎線、下田駅―須崎・爪木崎線、下田駅―白浜一色線

<電車>
伊豆急行線(市内に3駅)

釣りやダイビング豊かな自然を感じながら暮らす南伊豆町

南伊豆町は伊豆半島最南端、ポカポカと日当たりのいい「日本の縁側」に位置する町です。海側と山側に個性豊かな34の集落が点在しており、ご自身のイメージする田舎暮らしに合った地区を選択することができます。町内には様々なアーティストや文化・芸術活動を趣味にする方が暮らしています。

基本情報

面積109.94km²
人口8千人(R4.1.1現在)
特産品伊勢えび(竹麻・南崎・三坂・三浜地区)、花卉(南崎・三浜地区)、アロエ製品(南崎地区)、温泉メロン(加納)、竹炭製品(一條)
アクセス●東京駅から伊豆急下田駅まで特急踊り子号で約2時間半。駅から町役場までバスで約30分(タクシーで20分)。
●東名高速道路東京インターチェンジから沼津インターチェンジまで約70分。沼津インターから東駿河湾環状道路、天城峠、下田市を経由して約2時間

生活環境

教育環境●こども園2園(南伊豆認定こども園、南崎認定こども園)
●小学校3校、中学校2校
●高校は県立下田高校南伊豆分校(園芸課)があります。下田市の県立下田高校、松崎町の県立松崎高校に通う生徒も多いです。
●その他、子育て支援センターや放課後児童クラブの運営や医療機関と連携した病児保育などを行っています。
病院●飯島病院(下賀茂・内科)(役場から徒歩5分)
●白津医院(内科・外科)(手石・役場から車で10分)
●みなとクリニック(湊・内科)(役場から車で10分)
●平野歯科医院(湊)(役場から車で5分)
●総合病院は下田市の下田メディカルセンターが最寄りです。
買い物町内にスーパーが1件(下賀茂)、ドラッグストア1件(下賀茂)、コンビニ3件(下賀茂・湊)、ホームセンター1件(青市)があります。
その他、まとまった買い物は下田市内の大型店へ出かける方が多いです。
交通●最寄り駅:伊豆急下田駅(役場から車で20分)
●路線バス:南伊豆東海バス
●その他、一部地区で町営コミュニティバスを運行しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

Translate »