静岡県の物価や気候などの気になる

移住や転職で県外に住居を移す際は、移住先の情報をしっかりと調査しておくことが大切です。物価が高い地域に移住した場合は、今後の生活の様式を練り直す必要があります。移住先が真逆の気候だった場合、今までの暮らし方を変える必要もあるでしょう。移住したあとの悩み事をを少なくするためには、事前の情報収集が非常に大切です。

暖かく雨が降りやすい静岡県の気候

静岡県は日本一の標高差を持つ県で、気候的にも海岸に近い地域の海洋性気候と、標高の高い内陸台地や山間部の内陸性気候とに分れ、伊豆半島の天城山付近や富士山麓や大井川上流域では、雨が多く、冬期は厳しい低温となり降雪も多くなっています。

全国的に平均値、家賃は高めの静岡県の物価

静岡県の物価は高くもなく安くもない平均値でで、家賃は全国平均よりも高い。「2019年度総務省小売物価統計調査(構造編)」のデータによると、静岡県の物価は全国 29位とちょうど中間。「2018年度総務省住宅及び世帯に関する基本集計(確報値)」のデータによると、1ヶ月当たりの平均家賃は50,038円と全国で9番目に高いということです。

家賃の全国平均が55,695円なので、東京都の平均家賃である81,001円に比べると安い。物価、家賃ともに高くはなく、経済的には安定しやすい地域と言えます。

通勤時間は全国で25番目に長い静岡県

静岡県の通勤・通学にかかっている時間は、平均59分で全国では25番目。総務省の「社会生活基本調査47都道府県ランキング」でわかりました。

子育てがしやすく、支援も充実している静岡県

静岡県は、地域全体で「子育てが大切にされる社会づくり」子育てを支援するいろいろな取り組みを行っています。

  • 保育サービスと地域の子育て支援
  • 静岡こども救急電話相談
  • しずおか子育て優待カード
  • 子育てに関する電話相談
  • 少子化対策
  • 児童虐待の通告制度

移住先を探す際は、同時に転職先も探さなくては…

地域によって募集の多い職種や繁栄産業が違うため、あらかじめ自分に合った転職先があるのかということをしっかりと調査しておく必要があります。移住先の住環境ももちろん大切ですが、同じくらい大切な静岡県の「仕事」に関する情報を紹介します。

平均年収は469.0万円で全国16位の静岡県

厚生労働省が発表している「2019年賃金構造基本統計調査」によると、静岡県の平均年収は469.0万円で全国16位である。静岡県の地域別所得は、長泉町の所得が383.2万円と1番高くなっています。静岡県では、全国シェア100%のピアノを始めとする製造業や、お茶、温州みかんなどの農産物といった産業が盛んに行われています。静岡県の物価・家賃相場が比較的安いことを考えると、平均年収が全国的に高いのは、魅力とです。

有効求人倍率は1.04倍の静岡県

静岡労働局が発表した2020年度の静岡県の有効求人倍率は1.04倍で、全国平均の1.06倍と比べると若干低い。コロナウィルスの影響で全国的に求人倍率が下がり、静岡県も同様です。

静岡県は「サービス」「福祉関連」の有効求人数に対して有効求職者数の数が少ないため、これらの職種は人手不足に陥っています。これらの業務経験がある方は、静岡県での転職を有利に進めることができるかもしれません。産業別の就業者人数を見ると「製造業」が1番多く、次いで「卸売業、小売業」が多くなっています。

技術系、営業系の職種が多い静岡県

「電気」「電子」「機械」のメーカー企業の求人が多いです。静岡県には、自動車や機械の製造業が盛んで、軽自動車メーカーの「スズキ株式会社」やピアノや音楽機器メーカーの「ヤマハ株式会社」など、世界的にも有名な企業があります。いずれも本社が静岡県にあります。

求人は静岡市、浜松市に集中している

県内総人口と求人数が比例しており、総人口1位は浜松市、2位は静岡市となっています。日本を代表する製造メーカーである「スズキ株式会社」「ヤマハ株式会社」の本社も浜松市にあり、こういった企業に勤める方も多くいると予想できます。

高年収を狙うなら、IT・商社・流通系

静岡県で高収入を狙うのであれば「IT系」「金融・保険系」「不動産・建設系」がおすすめです。これらの業種は静岡県内の他業種と比べて年収が高い傾向にあります。

メリット①過ごしやすい気候と自然豊かな土地で子育てができる

静岡県は、1年を通して温暖な過ごしやすい気候が特徴的です。豊かな自然を感じながら生活を送ることができます。子育てをする環境としても適しており、首都圏と比べ、のんびりとストレスを感じることも少なく、子どもの成長を見守ることがもできます。

メリット②関東・関西などの首都圏へアクセスしやすい

静岡県が住みたい都道府県ランキング1位を獲得した大きな要因は、首都圏へアクセスしやすく、田舎特有の雰囲気を楽しめる点です。

静岡県は、愛知県、神奈川県、東京都、大阪府といった首都圏の真ん中に位置しているため、都会から田舎へ移住したいと考えている方にとって最適な位置関係となっています。

都会、田舎のメリットを気軽に楽しむことができるのは、静岡県ならではの魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

Translate »