本当に住みやすい街 第5位 菊川

田園風景広がる自然環境と都市機能が共存する。発展が楽しみな街

田園風景広がる自然環境と都市機能が共存する町2013年、駅前に大型商業施設がオープン、「菊川市役所庁舎東館新設整備」では、都市拠点として将来的には都市機能の集積し「賑わいと活力を生み出す都市づくり」を計画、菊川駅自体も2024年の供用を目指し、橋上化と北口の開設が進行中で今後の更なる発展が期待できる。

“本当に住みやすい街 第5位 菊川” の続きを読む

本当に住みやすい街 第2位 天竜川

天竜川ってどんな街?

生活サービス型の都市機能誘導区域に指定されているエリアで、公共交通へのアクセス性と駅周辺の利便性向上が予定され、子育て拠点、教育・保育施設、病院などがまとまるコンパクトシティー化の推進が期待される。

生活圏内には「コストコ」「業務スーパー」「イオン」などの商業施設が点在、「浜松ろうさい病院」も近く生活に必要な環境が整っている地域、天竜川沿いに「天竜川中野町公園」など複数の公園があり憩いの場も豊富です

“本当に住みやすい街 第2位 天竜川” の続きを読む

静岡県内どこが住みやすい?

「静岡の住みやすい地域の情報が知りたい」「静岡に移住するならどこが住みやすい?」など、知らない場所に引っ越す時は、治安や近隣の環境、生活に不便がないかが気になるところ。子どものいる家庭なら、子育て環境、教育環境も気になる。「本当に住みやすい街大賞2021 in 静岡」のランク順に静岡県内の住みたい街を紹介します。

本当に住みやすい街大賞2021 in 静岡

本当に住みやすい街 第1位 三島

“静岡県内どこが住みやすい?” の続きを読む

静岡県の物価や気候などの気になる

移住や転職で県外に住居を移す際は、移住先の情報をしっかりと調査しておくことが大切です。物価が高い地域に移住した場合は、今後の生活の様式を練り直す必要があります。移住先が真逆の気候だった場合、今までの暮らし方を変える必要もあるでしょう。移住したあとの悩み事をを少なくするためには、事前の情報収集が非常に大切です。

暖かく雨が降りやすい静岡県の気候

静岡県は日本一の標高差を持つ県で、気候的にも海岸に近い地域の海洋性気候と、標高の高い内陸台地や山間部の内陸性気候とに分れ、伊豆半島の天城山付近や富士山麓や大井川上流域では、雨が多く、冬期は厳しい低温となり降雪も多くなっています。

“静岡県の物価や気候などの気になる” の続きを読む

伊東で絶対に食べたいおきたいグルメ

伊東で水揚げされる魚の種類は、なんと100種類以上。鮮度抜群の旬魚を様々なかたちで楽しめるのが、このエリアの魅力です。温暖な気候で育まれた地元野菜にこだわるカフェなど、豊富な食材を独自のスタイルで提供する店も点在。伊東だからこそ味わえる、おいしいランチをご紹介します。

味の店 五味屋(伊東)/海鮮料理

海鮮料理が楽しめる「味の店 五味屋(ごみや)」。JR伊東線の伊東駅から徒歩で約5分の場所にあります。人気メニューは伊豆、沼津、小田原でとれた新鮮で旬な魚介をたっぷり味わえるこちらのおまかせ丼です。伊東に来たら「ねごめし」を食べたい。ねごめしは風味の良いダシといっしょに魚のたたきを楽しめる伊東名物の漁師料理。

伊豆高原ビール (伊東マリンタウン)/海鮮料理

「伊豆高原ビール」。伊豆東海岸にありますがマリンタウン店は伊東駅からバスで約5分の場所にあります。人気は漁師の漬け丼。まぐろやサーモン、いくらなどがふんだんにのったボリュームいっぱいの海鮮丼です。

うめはら(伊東)/割烹料理

割烹料理が楽しめるという居酒屋「うめはら」。JR伊東線の伊東駅から徒歩約5分の場所にあります。お店おすすめは静岡名物の金目鯛の煮つけ。地元の漁師さんから仕入れている金目鯛を使用していて人気です。

地産の新鮮なお刺身の盛り合わせもお店のおすすめです。

はつかの(南伊東)/焼肉

伊東は魚介のイメージが強いかもしれませんが、おいしいお肉がいただけるという有名な焼肉屋さんがあります。それは精肉店直営の「はつかの」。伊豆急行線の南伊東駅から徒歩約6分の場所にあります。ハラミやロース、タンなどは上や特上もあり、柔らかくておいしい絶品のお肉が楽しめます。

まとい(伊東)/うなぎ

美味しいうなぎが楽しめる「まとい」。伊東駅から徒歩で約8分です。すっきりとした上品なたれで味付けされたふっくらフワフワのうなぎがいただけます。定番のうな重やうな丼、まぶし丼はもちろん、うなぎの白焼き定食や蒲焼定食などもあります。

富士山周辺のB級グルメ旅

地元の人に細々と食されているだけだったB級グルメ。富士山周辺でも「富士宮やきそば」に勝るとも劣らないB級グルメが名乗りを挙げたのです。富士山周辺のB級グルメを紹介します。

富士宮やきそば (静岡県富士宮市)

地元の人にとってはこれが普通だと思っていたやきそばが、実は他地域では特異なやきそばだったのです。「富士宮やきそば」の最大の特徴は「コシのある麺」と「ダシの決め手になる肉かす」ですが、これが全国では珍しいと評判になり連日マスコミで報道される事となったのです。

つけナポリタン (静岡県富士市)

「つけナポリタン」の最大の特徴はトマトスープをベースにした鶏がら、ブイヨン、コンソメなど各店独自のスープを加えたダブルスープです。麺とスープは必ず別々にして食べるのが特徴で、ラーメンのつけ麺と似ています。具は各店独自のアレンジとなり、同じつけナポリタンでも店ごとに独自色を打ち出せるようになっています。

三島コロッケ (静岡県三島市)

「みしまコロッケ」は箱根西麓でとれた三島馬鈴薯(メークイン)を100%使用して作ったコロッケです。丁寧に手掘りで収穫され、天日干しと風で乾かした三島馬鈴薯で作られたコロッケは、衣はサクサクで中はしっとりクリーミーな味わいです。素材の良さが濃厚なコクとなって表れており、冷めても美味しいコロッケです。具材、形、調理法、味付けなどは自由なので店の数だけ「みしまコロッケ」の種類があり、各店独自のこだわりや工夫が魅力です。

すその水ギョーザ (静岡県裾野市)

餃子といえば宇都宮餃子と浜松餃子が有名ですが、「すその水ギョーザ」は両者と異なりモロヘイヤや茶葉を使いしかも油を使わない水餃子というヘルシーでオリジナルな餃子です。裾野市は昔から稲作の転作物としてモロヘイヤの栽培が盛んで、ビタミンやミネラルが豊富なモロヘイヤを餃子に入れる事でヘルシーさと裾野市の独自性をアピールしています。

静岡おでん (静岡県静岡市)

「静岡おでん」が始まったのは大正時代からで、地元には古くから親しまれて来ました。真っ黒いスープに、牛すじ、もつ、こんにゃく、そして黒はんぺんなど独特の具材で使った特徴のおでんです。静岡おでん」は元々は駄菓子屋で売られていました。①黒はんぺんが入っている、②黒いスープ(牛すじだし)である、③串に刺してある、④青のり・だし粉をかける、⑤駄菓子屋にある「静岡おでんの五箇条」として知られています。

吉田のうどん (富士吉田市)

富士吉田では厳しい気候条件により稲作が難しく、昔より小麦などを栽培してでうどんを食べてました。「吉田のうどん」は富士吉田市に伝わる伝統的郷土料理です。麺の歯ごたえや美味しさを味わうためにスープは味噌や醤油の合わせなどを使用した薄味に仕立て、具はキャベツや油揚げなど素朴なものを使っています。特徴は「麺のコシの強さ」で、通常のうどんとは比べ物になりません。

リモート時代の移住先No.1静岡の魅力とそのわけ

静岡県が1位※に輝きました。移住、テレワーク、Uターン・Iターンなど、「静岡に住むこと」を選択するカタチはひと様々。リモート時代になぜ静岡が選ばれ、愛されるのか? その理由を、調べてみました。

駿府城下町の面影を感じさせる静岡市

駿府城を中心に、今川氏が230年間治め、つくり上げた、そして家康がそれを受け継いだ駿府、今の静岡市。城下町らしさが残りますが、その1つが町名です。大工町、紺屋町、呉服町、両替町……と職業や商売を表す町名がついています。これは、すぐに集まれて効率が良いと集団で職人街、商人街をつくっていた近世城下町の特徴です。静岡市は変わらず近世城下町の町名がが残っているということはとても貴重です。

“リモート時代の移住先No.1静岡の魅力とそのわけ” の続きを読む

楽器、自動車、バイク 日本有数の「ものづくり」の西部地域

楽器、バイク、自動車関連産業を中心とする日本有数の「ものづくり」の地域です。県内有数の田園地帯です。寺社や史跡も点在するなど、のどかな風景の中に歴史的情緒を感じる地域でもあります。働きながらレジャーを楽しみたい人、ゆったりとした田舎暮らしをしたい人におすすめです。

都会暮らしの便利さがあり、田舎ののどかさもある浜松市

都会暮らしの便利さがあり、田舎ののどかさもある。起業やものづくりのエネルギーにあふれ、地域はお互いを思いやる心でつながり、お母さん、子ども、お年寄りにも、やさしい。憧れの田舎暮らし「山里エリア」ウォーター・マリンスポーツの聖地「海&湖エリア」産業と住環境が調和「田園郊外エリア」利便性と自然を備えた「まちなかエリア」日本を濃縮したような素敵な街です。

“楽器、自動車、バイク 日本有数の「ものづくり」の西部地域” の続きを読む

商業や文化の中心と豊かな自然環境の中部地域

商業や文化の中心であることに加え、南アルプスから駿河湾まで豊かな自然環境を兼ね備えたエリア。便利な地方都市生活のほか、海・山・川の身近な自然と調和した快適な暮らしや、早朝サーフィン、週末ハイキングといった趣味を満喫する暮らしまで、多彩なライフスタイルが実現できます。

静岡県の経済・商業・文化の中心地の静岡市

静岡市は人口70万人の県庁所在地、なかなかの都会です。また、すぐそばに、たっぷり海・山・川がある自然に恵まれたまちでもあります。毎日落ち着いた暮らしをしながら、60分で東京へ通勤できる。こんなメリハリのある暮らしができる。東京と遠からず、近からずという絶妙な距離感です。

“商業や文化の中心と豊かな自然環境の中部地域” の続きを読む
Translate »