おすすめ観光名所

Pocket

 

東日本と西日本のほぼ真ん中に位置している静岡。東西が約155km、南北に約118kmと広大な県域を持ち、世界遺産の富士山や駿河湾、浜名湖、寸又峡など、ダイナミックな自然の美しさと豊かさを体感できるスポットが揃います。

◆静岡県の日の出スポット

◆日本五大桜の狩宿の下馬桜

◆熱海梅園

◆柿田川公園

 

◆三四郎島

◆爪木崎

◆河津桜

◆竹林の小径

 

◆フクロウの 富士花鳥園

◆動物と遊ぶ まかいの牧場

◆登呂博物館・登呂遺跡

 

◆富士宮口 富士登山

◆駒門風穴

◆清流のわさび田

◆日本観光地百選の日本平

 

◆音止めの滝

◆陣馬の滝

◆対島(たじま)の滝

 

浄蓮の滝

◆白糸の滝

◆鮎壺の滝

 

駿河湾のクルーズ

◆ループ橋 

◆夢の吊橋

◆橋立吊橋

 

◆フェルケール博物館

◆奇石博物館

◆航空自衛隊「エアーパーク」

◆スカイウォーク

 

◆静岡ゴールデン横丁

 

伊豆は夏以外の季節も面白い

Pocket

 

静岡県の伊豆といえば、東京から近い海が綺麗な場所として、夏に海水浴をする人で賑わいを見せます。温泉やグルメ、下田の史跡など、夏以外の季節の魅力について紹介します。

 伊豆の海の魅力はビーチだけじゃない

東京から伊豆へは電車で2時間半ほど。周囲を海に囲まれた半島で、内陸部は山岳地帯になっており、海と山のどちらも楽しむことができるだけでなく、温泉も多いことから日本人にも人気の観光地です。

小さな入江が連なり、海が綺麗なことでも有名で、伊豆半島沿いにはいくつものダイビングスポットがあります。海の透明度も文句無しです。

伊豆ジオパーク 下田エリア 爪木崎ジオサイト。

ビーチのすぐとなりは切り立った崖になっており、真っ白な灯台が。青い海と広大な空、真っ白な灯台をバックにパチリ。灯台からは見渡すかぎりの水平線が臨めます。

伊豆ジオパークの魅力はそれだけではありません。

この柱状になった岩は「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」と呼ばれ、火山活動の一環でできた世界的にも非常に珍しいもので、静岡県の指定天然記念物になっています。その珍しさから、同じような柱状節理がイギリスでは世界遺産に指定されています。

これらの石柱は上から見ると六角柱状の割れ目になっており、マグマが冷える時の体積収縮によってできたものです。

伊豆ジオパークでは、この柱状節理を間近で観察することができるだけでなく、実際に上に乗ってその大きさや感触を確かめることもできます。

この珍しい火山現象は、伊豆のほかの地域でも見ることができます。静岡県伊豆市の中伊豆地区にある高さ20mの「万城の滝」は、滝の壁面が柱状節理になった珍しい滝です。

美しく連なった柱状節理の間から流れ落ちる滝は大迫力です。

ペリーロード

伊豆ジオパークからすぐのところに、伊豆の観光名所として有名な「下田」があります。

日本は1639年〜1854年まで、当時の政府が「鎖国」という政策をとっており、日本人の出入国及び貿易を管理・統制・制限していたため、海外との国交がほとんどありませんでした。

そんな中、アメリカのペリー提督率いる黒船艦隊が神奈川県の浦賀に来航し、その後下田で日米和親条約が結ばれたことにより、下田は日本最初の開港場となりました。

下田港では、ペリー提督が乗ってきたという船「サスケハナ号」を模した遊覧船があり、特徴的なスタイルから、インスタ映えすると人気です。

下田は、海外に門戸を開いた当時の面影が今も街中に残されています。ペリーロードにある「了仙寺」です。160年以上前に、ここでアメリカと日本の和親条約が結ばれました。

新しいものを受け入れながら、日本古来のものも残している、そんな新旧が混在しているところも下田の魅力かもしれません。

1一年中緑に茂る柳が印象的でしたが、6月末から7月初旬になると、平滑川沿いにはアジサイの花が咲き乱れます。大輪のアジサイがあちこちに咲くさまはとても華やかです。

伊豆の地魚「金目鯛」は絶品

散歩を済ませたところで、腹ごしらえ。地元で穫れる「金目鯛」をいただきます。

大人数で行っても困ることはまず無いでしょう。メニューは日本語のみですが、写真付きのものがあるので、指差しで頼むことができます。

下田名物「金目鯛」を使った定食です。金目鯛は、水深400m〜600mの水域に棲んでいる深海魚。深海に棲んでいるため、1年を通して脂肪分が多く、白身の魚なのに濃厚な味が特徴です。コクのある白身魚を、煮付けは醤油やみりん、ショウガなどで煮込んであります。

金目鯛の刺身もその日の朝に近海で採れたばかりの金目鯛は、特に脂がのって味も濃く、漁場が近いため鮮度もよいのが特徴なのだとか。

横についている天然物のワサビを自分ですりおろし、刺身に乗せ、醤油をつけて食べます。思わず撮りたくなりますね。

刺身は新鮮なので臭みがなくて、歯ごたえがあって美味しいです。甘みがよくわかります。

伊豆といえばやはり温泉

観光を終えたら、一日の疲れを癒やす温泉です。伊豆は日本でも有数の温泉地。至るところで良質な温泉に浸かることができます。

オススメなのが、赤沢温泉郷です。まるで海とひとつづきに見える巨大な露天風呂に体を浸せば、一日の疲れがほぐれます。

売店には静岡の名産品が揃っており、時間がないときでもおみやげをしっかり購入できます。

海を見ながらの入浴もオツですが、伊豆は内陸部に入ると山岳地帯になるので、緑に囲まれた温泉もあり、好みに合わせて選ぶことができます。

季節ごとに違う楽しみを味わえる静岡県の伊豆に、ぜひ遊びに行ってみませんか。

 

 

国際観光文化都市 熱海

Pocket

 

古くからの湯治の地であり、地名は「阿多美」であったが、海から熱い湯が湧き出ていたことから「熱海」とされた。1604年には徳川家康も来湯していたと云われてます。

熱海は、神奈川県の隣の静岡県にある温泉地です。海に隣接する温泉地のため、リゾート気分を味わえると全国から観光客が訪れます。また、東京からは新幹線で50分、普通列車で約2時間ほどで行くことができるため、関東近郊の人の週末旅行の定番スポットの1つでもあります。

“国際観光文化都市 熱海” の続きを読む

昭和の飲食街 静岡ゴールデン横丁

Pocket

 

静岡ゴールデン横丁は、JR静岡駅高架下を西へ徒歩1分の場所にある、バブル期の活気とノスタルジックな雰囲気を再現した飲食店街。

まるで映画のセットのような建物には、個性溢れる7店舗が出店。バブル期を知る人たちには懐かしく、若者には新しい、そんな大注目の新スポットです。

昭和の飲食街が見事に再現されています。

週末はかなり混むと思いますが、7店舗あるのでとりあえず空いているお店に入りましょう。

海鮮居酒屋、鉄板焼き、焼鳥、クラフトビールバー、焼肉・ホルモン、ハイボールバー、串カツ、さまざまな楽しみがあります。サクッとはしごできるのはいいですね。

静岡ゴールデン横丁には思わず笑ってしまうおもしろ要素が満載。「三代目魚寅」にはマネキンが席に座っていたり、奇天烈なポスターが貼ってあったリ、いろいろ探す楽しみがあります。

「三代目魚寅」では、魚屋直営の新鮮な海鮮を味わうことができます。メニューが豊富で利用しやすいですね。

静岡ゴールデン横丁

◆三代目魚寅 「魚屋直営・新鮮・海鮮」
054-204-4137

 

◆鉄板28号 「熱々鉄板お好み焼き」
054-204-4137

 

◆やきとり元気 「やきとり専門店」
054-204-0228

 

◆ドイツ風レストラン「ハンプルク」
054-204-0275

 

◆静岡ホルモンセンター 「美味しいお肉の専門店」
054-204-0350

 

 

◆串カツ拳 「究極の串カツお召し上がり下さい」
054-204-0304

 

◆餃子のハシモト

 

静岡県の日の出スポット

Pocket

 

初日の出の習慣は、日本古来のものであるが、明治以降に盛んになったと言われています。四方拝という天皇の元旦の儀式が始まりで、それが庶民の間に現在の形で広まり、初日の出を拝むという習慣になったと云われてます。

小室山(伊東市川奈)

山頂の小室神社で、6時頃から元旦祭が行われる。

展望台からは東に大島、北西に富士山、南に天城連山、北に箱根連山が眺められる。リフトを利用して山頂までは3分。運行は5時から。山頂にて模擬店もあり、神社前では破魔矢、御札、御守も授かることができる。

所在地     静岡県伊東市川奈1428地図
問合先     0557-45-1444/小室山観光リフト
交通(電車) JR伊東駅⇒臨時バス20分、終点下車、
徒歩すぐでリフト乗場、リフトで3分、下車、徒歩すぐ経路検索
交通(車)   西湘バイパス早川ICから国道135号経由50km1時間30分
駐車場     あり。30台/無料

大室山(伊東市池)

山頂は木が全くない草山なので、大島や伊豆七島がよく見渡せる。

標高580mの山頂までは、ペアリフトで4分ほど。1月1日5時40分から運行。山頂には深さ70m、周囲約1kmの噴火口跡があり、周りは遊歩道になっている。甘酒のサービスや粗品プレゼントがある。

所在地    静岡県伊東市池672-2地図
問合先    0557-51-0258/大室山リフト
交通(電車) 伊豆急行伊豆高原駅⇒バス20分、
バス停:  シャボテン公園前下車、徒歩すぐ経路検索
交通(車)  東名高速沼津ICから国道135号経由40km1時間30分 渋滞情報
駐車場    あり。500台/無料

爪木崎(下田市須崎)

須崎半島の南東に突き出た岬。

付近の丘陵地は約300万本ともいわれる野水仙が有名で、ちょうど見頃を迎える。灯台に続く遊歩道の周辺は爪木崎自然公園として整備されていて、西側は断崖、東側には伊豆諸島が望める。

所在地    静岡県下田市須崎地図
問合先    0558-22-1531/下田市観光協会
交通(電車) 伊豆急行伊豆急下田駅→東海バス15分、バス停:爪木崎下車、徒歩すぐ経路検索
交通(車)  新東名高速長泉沼津ICから伊豆縦貫道、国道414号経由77km1時間40分 渋滞情報
駐車場    あり。200台/有料/普通車500円、大型車2000円

寝姿山(下田ロープウェイ)

山頂の展望台から下田湾をはじめとして、よく晴れた日には伊豆七島まで一望でき、雄大な景色を楽しめる。

ロープウェイを利用して約3分で山頂へ。1月1日5時30分から運行。甘酒・樽酒サービスと根付、御神酒を振舞うとともに、福引大会や、迎光祭も行われる。

所在地 静岡県下田市東本郷1-3-2地図
問合先 0558-22-1211/下田ロープウェイ
交通(電車) 伊豆急行伊豆急下田駅→徒歩1分(ロープウェイ乗り場)経路検索
交通(車) 東名高速沼津ICから国道135・136号経由50km1時間30分 渋滞情報
駐車場 あり。25台/無料

御前崎海岸(御前崎市)

駿河湾・遠州灘に挟まれており、周辺は、御前崎遠州灘県立自然公園に指定されている。

どこからでも日の出が見られる360度のパノラマが広がり、雄大な太平洋のパノラマが展開している。白亜の灯台と紺碧の海のコントラストが美しい。

所在地    静岡県御前崎市地図
問合先    0548-63-2001/御前崎市観光協会
交通(電車) JR菊川駅→浜岡営業所行きバスで1時間20分、バス停:浜岡営業所下車、御前崎海洋センター行きに乗換え、バス停: 御前崎海洋センター下車、    徒歩30分経路検索
交通(車)  東名高速相良牧之原ICから国道473号経由23km30分 渋滞情報
駐車場    あり。270台/無料/市営無料駐車場利用

葛城山(伊豆の国市長岡)

標高452mの山頂展望台から眺められる360度のパノラマがすばらしい。

平成28年(2016)に新しくオープンした富士見テラスからは天城連山からの初日の出、駿河湾や富士山、南アルプスの白い峰々などの大パノラマが楽しめる。山頂へはロープウェイを利用し、片道7分で到着。1月1日は5時から運行。

所在地    静岡県伊豆の国市長岡260-1伊豆の国パノラマパーク地図
問合先    055-948-1525/伊豆の国パノラマパーク
交通(電車) 伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅→車10分経路検索
交通(車)  東名高速沼津ICから国道136号経由23km40分。または新東名高速長泉沼津ICから20分 渋滞情報
駐車場    あり。200台/無料