大井川の冬の味覚「ジビエ料理」

大井川の源流は自然豊かな南アルプス。大井川の『ジビエ料理』は、雄大な自然の中で育った新鮮な『シカ』や『イノシシ』を使っています。冬のジビエは栄養満点。おいしい山の幸を紹介します。

コトコト煮込んだ『うり坊シチュー』

『地産地消』をモットーに、信頼のおける地元のお店からジビエを仕入れている、千頭のアットホームなカフェです。秘伝の方法で仕込んだジビエは、びっくりするほど柔らかくておいしい。Cafe Grandmaは大井川鐵道の『千頭駅』から車で2分。お店の裏は線路がなので、窓からは間近でSLも見られます。

うり坊シチュー

寒い冬にうれしい、あったまるジビエメニュー。箸でもほぐれるほど柔らかく煮込んだうり坊のお肉は絶品です。“うり坊”とは“イノシシの子ども”のこと。

ジビエ丼

イノシシの肉を使った人気の“ジビエ丼”。甘辛いタレが食欲をそそります。メディアでも取り上げられているので、これを目的に来店する方も多いのだとか。

冬のジビエの代表格 『しし鍋』

寸又峡一の老舗温泉旅館の翠紅苑では、お宿ならではのジビエ料理が食べられます。『夢の吊橋』へ出かけるならここでランチを。翠紅苑のしし鍋は、宿ならではのジビエ料理を堪能できます。おいしいお料理と温泉に癒されて、のんびりしませんか。

しし鍋 

寸又峡の冬のジビエと言えば、脂の乗った『イノシシ』!翠紅苑のしし鍋は、川根の特産“ゆず”が香る、味噌仕立ての鍋料理です。

大間ダムカレー

人気の“大間ダムカレー”も、実はジビエメニューです。カレーに入っているお肉はもちろん大井川産の『シカ』や『イノシシ』。初めてジビエを食べる方にもおすすめです。

野菜と一緒にじっくり煮込む 『イノシシのポトフ』

島田市のジビエ料理のお店。新鮮なジビエを、彩り鮮やかなコースでいただけます。料理に使っている野菜やくだものは、大井川産の旬のもの。『食堂カフェkikori』は、大井川鐵道『新金谷駅』から車で10分。コロンとした緑色の建物です。

猪のポトフ

冬は脂がのっておいしいイノシシの肉。じっくり時間をかけて煮込んだ肉と野菜はとっても軟らかく、スープにはうまみがギュッと溶け込んでる。冬限定のメニューです。

鹿のロティ

秋に南アルプスのヤマブドウを食べて育った冬のシカ肉は、香りがとっても豊か。季節によって肉の味や香りが変化するので毎シーズン楽しめます。

民宿 なかむらの主人が狩猟したイノシシの肉

大井川の北の方、温泉でも知られる奥大井の秘境、“接岨峡(せっそきょう)”。その入口にある、猟師直営の料理宿です。接岨峡の豊かな自然に囲まれて、おいしいジビエに、温泉に、山の恵みをじかに感じられます。お宿でのんびり過ごしながら、ジビエを味わうのもいいですよ。

しし鍋

おすすめはお宿ご自慢の『しし鍋』です。『民宿なかむら』の主人は猟師!猟師直営のお宿なので、新鮮な本物のジビエが堪能できます。

宿のお料理

季節の食材を使った料理は、どれも新鮮でおいしいと評判です。ジビエのほかにも大井川の山の幸がたっぷり。

珍味!手造り鹿の刺身 『鹿刺し定食』

手造りの店 さとうは寸又峡の『夢の吊橋』の入口ゲートからすぐの店です。夢の吊橋を訪れる観光客でいつも賑わっています。地元ならではのお料理が食べられます。数量限定のメニューもあるのでお早めに!寸又峡のおみやげも買えます。

鹿刺し定食 

鹿のお刺身ととろろごはんがセットになった定食を…。鹿刺しは意外とあっさりしていてクセがなく、食べやすい!ジビエと一緒に、地元産のとろろやこんにゃくも食べられる。

Translate »
Verified by ExactMetrics