駿府城跡

スポンサーリンク
Pocket

 

徳川家康は将軍職を秀忠に譲り、駿府に移り住みました。慶長12(1607)年,家康は、輪郭式で石垣を廻らせた三重の堀を持ち、本丸の北西には5層7階の勇壮な天守を配置した城を全国の大名に命じて(天下普請)築城させました。

家康在城時の駿府の町は、江戸と共にいわば2元政治が行われていたため、政治、経済の中心地として大いに繁栄していました。家康の死後、城主となった忠長が改易されると駿府城は城代の管理となります。

明治時代に廃城になるまで、火事や地震で被災する度に天守台や他の建物は再建されたのに対し、寛永12(1635)年以降天守が再建されることはありませんでした。

これは徳川家による江戸幕府の体制が盤石なものとなり、戦や権威のシンボルであった天守が必要ななくなり、天下泰平の世になったことを示すと考えられています。

明治時代になると、歩兵34連隊の誘致に伴い本丸堀は埋められ、三ノ丸は官庁や学校などの公共用地となりました。戦後、本丸、二ノ丸部分は公園として整備されました。

巽櫓、東御門、坤櫓(ひつじさるやぐら)など、宝暦年間(1751~1763)の修復記録に基づいて、東御門や巽櫓などが復元・公開されています。現在では二ノ丸堀(中堀)より内側が駿府城公園となっています。、

静岡市では、駿府城跡天守台の整備方針の決定に向けて、天守台石垣の残存状況の確認や正確な学術的データを得るため、平成28年8月から平成32年2月まで駿府城公園北西部にて発掘調査をしています。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA